12月上旬のタオ島から!!

久々のタイ、タオ島からの海情報です!最近はずーっと晴天が続いています。11~1月は雨季なのですがタオ島も南の島なのでずーっと降っている訳ではありません。勿論海の中は雨季の透明度なのであまり良くは無いのですが^^;気温30℃、水温27℃、透明度平均7M。
チュンポンピナクルでは透明度がばらつき5M位の日もあれば10M位の日もあればとまちまちです!ただし!!このポイントを知っている人は創造が付くと思いますがこの濁りこそがあのすばらしい世群を生み出す源なのです!!シーズンに入り透明度が上がると少しずつ魚群が減り、濁ると物凄い数の魚が集まるのです!この日も潜降するとすでに根の上にグレイリーフシャークが悠然と^^
イエローバンドフュージュラーが物凄い数でそれに突っ込むコガネアジ達!水深を落とせばキンセンフエダイがぎっしり^^
根の横にはツバメウオの群れおよそ40匹!バラクーダロックの方にはその名の通りオオカマスが何千と塊り、真っ黒に見えました^^久々にあまりの数に興奮気味でストロボの調節忘れました^^;
ホワイトロックでは殆ど動かずハゼ観察!ギンガハゼ、ブラックシュリンプゴビー、レッドマージンドシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼなどなど!
見られた魚>グレイリーフシャーク、オオカマス、ギンガメアジ、ヤイトハタ、アカマダラハタ、キンセンフエダイ、ツバメウオ、イエローバンドフュージュラー、コガネアジ、ギンガハゼ、ブラックシュリンプゴビー、レッドマージンドシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼ 
IMG_3962.jpgIMG_3967.jpgImg_3979.jpgImg_3980.jpg
スポンサーサイト

コメント

トラックバック