3月9日、スタッフも喜ぶタオ島から!

3月9日、チュンポンピナクルのコンディションが上がってきました。本日はチュンポン、グリーンロック、ツインズ、ホワイトロックに行ってきました。気温31度、水温29.5度、晴天、凪、透明度10~20Mです。チュンポンはエントリーと同時にギンガメの壁、バラクーダの魚群にイケカツオがぐるぐる。。アイゴの仲間の壁にオニアジの大群、ユメウメイロの壁、、さらに大型のピックハンドルバラクーダの群れと小型のイエローテールバラクーダの大群、岩周りはクロリボンスズメダイの群れがぎっしり!!そして次のバラクーダの壁、、、、ヨコシマサワラのの編隊にホソヒラアジ玉、ココでは珍しいドクウツボ、ん~~~相当お腹一杯でした。グリーンロックではヒラムシ、セスジミノウミウシその他イボ系ウミウシ一杯にブチウミウシ、スイムスルーの地形を堪能しつつモンガラマンションの恐怖@o@ココにはキヘリモンガラが巣食っている場所があり良く襲われます!!大きいと70cm強あるので襲われると怪我をする事も・・ガイドさんより先に進まないように注意しましょう!そうすれば襲われるのはガイドだけです!!ツインズではギンガハゼ、トウアカクマノミ、ソリハシコモンエビ、ブルースポッテッドスティングレイ(アオマラエイ)などを堪能、ホワイトロックではユメウメイロとアイゴの仲間の壁だらけ。コバンハゼなどをノンビリ観察して浮上、とても充実した4本でした。
見られた魚>ギンガメアジ、ホソヒラアジ、オニアジ、バラクーダ3種の群れ、ヨコシマサワラ、イケカツオ、セスジミノウミウシ、ブチウミウシ、パンダダルマハゼ、アカテンコバンハゼ、タスジコバンハゼ、ギンガハゼ、ブルースポッテッドスティングレイ(アオマダラエイ)、トウアカクマノミ
bara.jpggin.jpgdok.jpgsan.jpg
スポンサーサイト

コメント

トラックバック