6月26日タオ島海情報!

こんにちは。ずーっと安定していた天気と海況がココ2日崩れています。明後日辺りには回復する見込みです。自然が相手なので回復するまでの辛抱です。と言ってもダイビング出来なくなるほど荒れ狂うのは年に1,2回あるかないかなのでご安心下さい。今日はラムティアンとヒンウオンピナクルに言ってきました。地形ポイントとソフトコーラルポイントであるこの2つのコンビネーション、天気が良ければもっといい写真が取れたのに・・・ムチカラマツに付くエビ、カニを見つつヤギの群生する岩でヨロイウオ約10匹!さらに水深落としてウミウシ探し。新たな透明度今一で発見なし。水深上げて地形を堪能。ヒンウオンでは深場のソフトコーラル畑を撮りに行ったのですが透明度、天気、流れに押されつつ何枚かゲット。キイボキヌハダウミウシをみつつさらにヨロイウオ!!天気が回復したらまた綺麗な写真をアップします。
IMG_2427.jpgIMG_2399.jpg
スポンサーサイト

どどんとジンベエです!

皆様、2007年は当たり年ってしっかり分かってますか??勿論天然のジンベエ様は何時会えるか分かりませんが、確率のいい時に試す事をお勧めしますよ!6月18日の今朝はチュンポン、ホワイトロックに言ってきました。昨日の晩の強風が止み、しかし残っているやや波の上を40分ほど走り着きました。器材を背負いエントリーしようとするとクルーのSOUが「じんべーじんべー」といつものギャグを言ってるよ、と彼の顔を見ると???こいつ本気だ~~~~!!と言う事でジャイアントストライドエントリー!!した瞬間に足元にあいつが見えました^^4Mの綺麗なジンベエが・・潜降ロープの横1mの所を優雅に^^しかも透明度も25Mと綺麗!!ダイバーが少なかったおかげでずーっとゆっくりと根の周りを泳いでくれました。勿論、ギンガメアジ、バラクーダなど魚群も凄まじかったのですがただの風景でしかないですよね^^;最後の方は後から到着したショップのダイバーはわんさか来たので53分で浮上!興奮を引きずり2本目はある意味流し??のダイビングのはずが^^透明度30M!アオリイカの交接やらウミガメの食事やらてんこ盛りでこちらも最高のダイビングでした!ジンベエヒット見事達成の皆様オメデトウ御座いました。写真はスタッフ:サワの提供です。
見られた魚>ジンベエザメ、ギンガメアジ、バラクーダ3種、ホソヒラアジ、キンセンフエダイ、ツバメウオ、ジャバラビットフィッシュの壁、ウミガメ、アオリイカ、ブルースポッテッドスティングレイ
RIMG0196.jpgRIMG0252.jpg

6月17日、セイルロックトリップ!

暇が無くアップしていませんでした^^;今日は久々セイルロックに行ってきました。昨日のサウスウエストは少し透明度が落ちた感じがあったので(20M前後)一抹の不安を残し、いざセイルロックへエントリー!!水面から見た感じ・・・10M位の透明度・・あせらずゆっくり岩を回り込むと西側は比較的綺麗で15~20M位!その分魚が半端じゃなかったです!!デカイギンガメアジの群れ、ホソヒラアジ玉、バラクーダ3種類の群れ、イケカツオにヨコシマサワラ、ツバメウオにアカマダラハタ!!縦穴の洞窟にはどっしりしたゴマフエダイ!!2本目もセイルで決定!!透明度が回復し20M!相変わらずバラクーダ、ギンガメアジが交差しまくりで視界に魚群が居ない時がありません。ゴマモンガラの襲撃をかわしつつ、ジャバラビットフィッシュも一杯!!そして最後の3本目はラムティアン!!ツキチョウチョウウオの群れ、ヒメアイゴ玉の行進と最後まで満喫ダイブでした!!
見られた魚>ギンガメアジ、バラクーダ3種、ヨコシマサワラ、ホソヒラアジ、アカマダラハタ、ツキチョウチョウウオ玉、ツバメウオの群れ、イケカツオ、ロクセンヤッコ、ワヌケヤッコ、ハシナガチョウチョウウオ
IMG_2293.jpgIMG_2303.jpgIMG_2312.jpg

6月9日、今日も快晴のタオ島から^^

最近夜中に豪雨が降る日が3日位続いていましたが、今日は穏やかな朝から始まりました。ポイントはチュンポン、ホワイト!最近透明度が安定していて両方とも25M前後、気温32度、水温30.7度、凪、快晴^^チュンポンのグレイリーフシャークが最近浅場まで上がって来ているせいでふと横や後ろを見るとサメ~!!みたいなことが良くあります!キンセンフエダイの群れも浅場まで上がってきていて写真を撮るには最適です!今日はジャバラビットフィッシュの群れが活発に泳ぎ回り迫力がありました!その他バラクーダ、ツバメウオ、ギンガメアジ、など何時ものメンバーも健在です!2本目のホワイトもテーブルサンゴの周りのスズメダイがものスゴイ数で太陽の光を燦燦と受け、とっても綺麗でした!!
見られた魚>グレイリーフシャーク、ギンガメアジ、バラクーダ、ホソヒラアジ、キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ツバメウオ、イケカツオ、ジャバラビットフィッシュ、イエローバンドフュージュラー、クロリボンスズメダイ
IMG_2173.jpgIMG_2191.jpgIMG_2195.jpg

今日の午後チュンポンは◎

6月5日、久々に午後チュンポンに行ってきました!やはりボートは居らず、まさに貸切でエントリー!!晴天の日差しを浴びて青い海が明るく、そして穏やかにキラキラと・・ギンガメアジがゆっくり群れ、キンセンフエダイの群れ周辺は水まで黄色く見え、その中に堂々と座っていたのがヤイトハタ150cm!!イケカツオもぐるぐる回っていました^^一旦、根まで戻り根沿いにイエローテイルバラクーダ、ツバメウオを見上げながら、水底付近にグレイリーフシャーク発見!!そしてバラクーダ、ジャバラビットフィッシュの群れ!!その後のサメがすごかった!!タオ島のサメは水底付近が多いのですが今日は15M付近まで上がり5匹のサメがぐるぐるしていました!そしてホソヒラアジを掻き分けてまたサメ!そこで2本目もチュンポンに決定!1本目に比べサーモクラインが上がり全体的に透明度が落ちたこの1本がホントにすごかった!!数万匹は居そうなイエローバンドフュージュラーにアタックするコガネアジ達、カジキでも近くに居たのがバーンと言う音と共にいっせいに同じ方向に動く数千匹は硬いユメウメイロとササムロの群れ、12m付近まで上がってきていたグレイリーフシャークも捕食するつもりか@o@数メートルの所まで近づいてきては様子を見ている模様^^;最後まできょろきょろとしながら全ての方向に居る群れ達から目が離せなかった50分でした。
見られた魚>グレイリーフシャーク、バラクーダ、ギンガメアジ、ホソヒラアジ、キンセンフエダイ、イケカツオ、ヤイトハタ、ジャバラビットフィッシュ、イエローバンドフュージュラー、ハナビラクマノミの群生
Img_2153.jpgImg_2149.jpg

6月3日、タオ島魚群が相変わらずスゴイ!

今日はチュンポン、ツインズへダイブマスタートレーニングの一環でマッピング(水中地図作り)の付き添いでダイブしてきました。午前中曇り、午後めちゃ暑、32℃、水温30℃、波無し透明度25M!!青い海へエントリーするとすぐにツバメウオ30匹、続いてイエローバンドフュージュラーの壁とジャバラビットフィッシュの群れ!クロホシフエダイの群れが足元に、前にはホソヒラアジの群れ!!さらにハナビラクマノミの超群生!!ギンガメアジ、キンセンフエダイも続きます!最後にバラクーダを追いかけ安全停止!!ツインズも透明度が良くマッピングには最高でした!ワヌケヤッコ、ロクセンヤッコ綺麗です!ギンガハゼもいっぱい!!トウアカクマノミは卵持ち!今日はジンベエ情報無しでした!
見られた魚>バラクーダ、ギンガメアジ、ホソヒラアジ、キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ツバメウオ、ジャバラビットフィッシュ、イエローバンドフュージュラー、ギンガハゼ、レッドマージンドシュリンプゴビー、ロクセンヤッコ(幼魚)、ワヌケヤッコ、トウアカクマノミ
w1.jpgw2.jpg

6月はジンベエ外してスタート・・

6月に入りずいぶんと暇のある季節になってきました。今朝は日本人のお客様は2名様のみです^^;朝はサウスウエストとホワイトロックに行ってきました。このところ外洋の透明度が安定しており25~30Mの青い海の中、バラクーダ、ホソヒラアジの群れが綺麗にくっきり見える感じです。天気、曇りのち晴れ、波無し、水温30℃、気温32度。潜降すると少々流れがありましたが、一気にシークレットピナクルまでGO!!イエローテイルバラクーダの群れ発見!そして!!やはりここに居ましたキンセンフエダイの大魚群!!!万はくだらない数が群れており、水が黄色!!!!に見えるほど。ホソヒラアジの幼魚の群れもコガネアジにアタックされながらも逃げ回っていました。さらに水底にトウアカクマノミを見ながら、本根に戻り、ホソヒラアジ、クロホシフエダイ、バラクーダの群れと遭遇!!ダツの幼魚の群れを見ながら安全停止!2本目のホワイトロックに到着直前になんと@o@さっきまで我々が居たサウスウエストに6Mのジンベエが・・・距離、時間的に間に合わず諦めてホワイトでエントリー!透明度が落ち気味・・ギンガハゼ、メタリックシュリンプゴビ、ゴルゴニアンシュリンプを見ながらも頭上が気になり・・ササムロ、ユメウメイロが良く動くなぁ~、居ないかな~などどず~っと考えて潜っていた1本でした。
見られた魚>バラクーダ、ホソヒラアジ、キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、アカオビハナダイ、クロリボンスズメダイ、ヤイトハタ、イエローテイルバラクーダ、ギンガハゼ、メタリックシュリンプゴビー、ゴルゴニアンシュリンプ
IMG_2073.jpgIMG_2059.jpg